もかちゃんのおっぱい。

こんばんは。

今年ももうあと少し。

本当に1年って早いです。

昨日20才だったの気分なのに(いいずぎ) いつのまにか

こんなに歳をとってしまった・・・。

そういえば 先日 大事件がおきました。

ここちゃんは一番年齢も若くて まだ1歳になってません。

ここちゃんは べりちゃんとひめちゃんと兄弟で ミャーの子供です。

4・5ヵ月頃に保護し ひめちゃんは里親へ出しました。

ここちゃんは TNRする予定でしたが 飼うことにしました。

本当は4匹一緒に里親に出すか 私が飼うのが1番でしたが・・・

ここちゃんと姫ちゃんは  お家は見つかったけど 母親とは離れ離れ。

きっと まだまだ甘えたり 一緒に遊んだりしたかっただろうな・・・と

思います。。。

そんな時に ここちゃんがもかちゃんのおっぱいをちゅっちゅ。

最初はとてもびっくりして 笑ってしまったのですが・・・

よくよく考えると、

あ〜〜やっぱりまだ甘えたかったよね・・・恋しかったよね・・・と

ちょっと涙が出そうになりました。

何度か母猫の近くに連れていったのですが もう 人間の匂いがついてしまってるのか なんども威嚇してきたので

『ここちゃんおうちに帰ろう』と 連れもどしたこともありました。

そういえば 最近 ひめちゃんの里親さんから ご連絡があり

お礼のお品まで送ってくださりました。

私からしたら ひめちゃんを大事にして 姫ちゃんが幸せに暮らしていれば

それだけでいいし

私にはいらないので、姫ちゃんに使ってくれたらそれだけで十分。

でも ありがたいですね😀

ひめちゃんは ワクチンの3日後に元気がなくなったらしく病院にいったそうで・・・。

それからとっても気になって気になって・・・。

ワクチンの副作用という話だったけど・・・とても心配です。

猫にとって寒さは命とりだし 環境が変わってしまったり

急にひとりぼっちになったり・・・

もともと野良猫で生活して居た猫が 室内飼いになると

猫の性格によっては すごくストレスになったりすることもあるらしく・・・

あんなに自由にお外で沢山兄妹で遊んで居たのに 私に保護され

兄妹とはバラバラ ひとりぼっちで 知らない所に閉じ込められて

ストレスを与えてしまったんじゃないかな・・・と心配になりました。

今は元気になってるっておっしゃってたけど・・・

猫は ちょっとしたことでストレスを感じる動物だし 私たちが

おかしいな?大丈夫かな?と 思う時には

猫にとっては本当に辛い状態の時だというのは

しっていたので、常日頃から ちょっとした変化には気おつけて観察している

つもりですが・・・

先日 どこかで ペットを飼う人への4か条というのを見たのですが

1 ペットが家や物を汚したり壊したりするのは当たり前なので仏のような広い心を持つべし

2 ペットにとっていたずらは ただ遊んでいるだけなので 理解するべし

3 残業や飲み会は断って 先にペットの散歩やご飯をあたえるべし

4 忘れた・・・

みたいな 内容で  納得しました。

この方は ペットを ペットとして考えるのではなく 家族として考えてるので

ペットって 全てが飼い主次第になるので 飼うと決めたら

ペットのことを理解して ペットの気持ちになって飼うべき!

といった内容でした。

私だってお腹すいたら ご飯食べたいし

ひまだったら 遊びたいし

たまには 外出したりもしたい。

ずっと死ぬまで家の中で暮らさなければならないなら

家の中で楽しめる環境を作りたい。

だから うちの猫ちゃんも (お外には出してあげれないけど)

退屈しないように

来年は ちょっと キャットウォークでも作ってあげようかな?

とおもましたとさ。